院長ご挨拶

公立加美病院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。


  本院は、平成14年7月1日加美・色麻両町住民の生命と健康を守ることを目的とし開設された病院です。病床数は一般病床40床、療養病床50床の計90床を有し、急性期から回復期・慢性期にいたる医療を提供しています。救急告示の指定を受け、一次救急に対応しています。救急隊の受入件数は年間400件となっています。常勤医は8名で内科、外科、リハビリテーション科、小児科(平成25年度開設)、在宅診療を担当しています。循環器科、糖尿病外来、耳鼻咽喉科や休日夜間日当直は東北大学病院より非常勤医を派遣していただき、週2回の整形外科、月1回の喘息外来を併設しております。また、当院は、医療提供にとどまらず、地域の保健衛生活動(人間ドック、乳児健診、予防接種、産業医、乳がん検診、学校医など)や福祉活動などの支援も提供する幅の広い活動を行っております。
  平成26年度より新たに在宅診療を担当する医師と看護師を配置し、患者や家族と十分に話し合いを行い、治療方針を決め24時間365日対応する訪問診療を強化しました。
 また、介護を必要とする高齢者の自立・家庭復帰を支援する介護老人保健施設を併設しています。当院医師らの医学的管理のもと、看護・介護のケア、リハビリテーションなど様々なサービスを提供しております。
  大崎市民病院の移転・新設に伴い、その機能が強化され、紹介制外来が原則化されました。当院は、外来診療や救急外来において、高度・先進医療が必要か否かを迅速に判断し、連絡や紹介状作成を行い、大崎市民病院や高度医療機関らと密に地域連携を行い、切れ目のない医療を提供します。


 今後も加美郡住民皆様の声に応えられる地域医療の拠点として運営を行っていきます。なお一層のご理解とご協力をお願いいたします。


公立加美病院 院長 土井 秀之